メンバー

前島 一博 (まえしま かずひろ)
教授

遺伝研に研究室が設立されて12年目に突入しています。遺伝研はとてもレベルが高いので、時に大変ですが、成長できるすばらしいところです。

困難を克服できる強い意志、情熱ある方の参加をお待ちしています。

 


略歴
エッセイ 1
エッセイ 2
教員インタビュー
プレスリリース インタビュー1
プレスリリース インタビュー2
プレスリリース インタビュー3
生命誌ジャーナルでの紹介
テルモ生命科学芸術財団での紹介
Google Scholar Citations
researchmap
ResearchGate
JSTサイエンスアゴラ2018「越境する光科学パートII」での講演動画
JCB People & Ideas
Zoom Talk @ Cambridge University Biological Society.

前島研究室5周年(2014)にあたって

井手 聖(いで さとる)
助教

What is science? Science is dramatic!(2014)
日々一喜一憂する地味な実験や議論の果てに、サイエンスには世界をガラッと変える力があると信じています。縁あって、南仏から再び三島に戻ってきました。遺伝研という恵まれた環境を活かして、クロマチン構造の解明を目下の命題とし、最終的には社会に還元される研究を目指していきたいと思っています。

日比野 佳代 (ひびの かよ)
助教  JSTさきがけ研究員

遺伝研という恵まれた環境を活かし、生命システムの基本原理に迫る研究を目指します。

伊東 優志(いとう ゆうじ)
日本学術振興会特別研究員PD


私は、DNAやタンパク質などの生体分子が、細胞内でどのように働き、機能するかということに興味があります。生物物理や生化学に基づいた手法を用いて、生体分子のダイナミクスを理解することを目指します。

田村 佐知子(たむら さちこ)
テクニシャン

大地 弘子(おおち ひろこ)
テクニシャン

南 克彦(みなみ かつひこ)
総研大(D3) SOKENDAI特別研究員


博士より新しい分野・場所に飛び込んで研究できることになり、ワクワクしています。

佐藤 か奈(さとう かな)
総研大(D2)


夢中になれるナニカを見つけられたら嬉しいです。

飯田 史織(いいだ しおり)
総研大(D2)


東京で生まれ育ち、名古屋で船を漕ぎ、三島にやってきました。生命の根源的なメカニズムに迫るような問いを見つけたいです。
好物はプリンです。

Semeigazin, Adilgazy
総研大(D1)


There is a great saying that one should strive to become not better than the opponents, but better than himself today. One should always push forward, improve and strengthen himself, constantly raising the bar, even if he is defending the title for the tenth time. Real winner is the one who can overcome his fears and weaknesses, the one who once and forever believes in his success.

P. S. I selected molecular biology because I understand molecules more than people

大塚 碧(おおつか あおい)
総研大(D1)

多くを学んで、多くを活かせるような人になりたいです。


 

 

このページのトップへ